装具療法とはさまざまな装具を装着して膝の負担を軽減する治療方法です

重度な膝のケガを抱えた場合に、整形外科の先生に診断していただくと、これ以上ケガを悪化させないために装具療法が用いられることがあります。

装具療法とは身体に装具を身につけることでケガした部位の負担を軽減する治療方法のことです。

装具を身につけて、患部の負担を軽減する治療のことを装具療法と言います。
膝の関節痛に用いられる装具は、患者のケガの状態や骨格などに応じてさまざまです。
重度のケガの場合は、自己判断で用意した装具を装着する前に、しっかりと整形外科の先生に診断してもらいましょう。
下手に不適切な装具を装着した場合、逆により患部の負担が増加してしまう恐れもあるからです。

サポーターとは患部を軽い力で固定しながら温めて痛みを軽減する効果がある装具です。

患部に装着することで、患部を温めて痛みを軽減し、軽い安定感をもたらす効果を持った装具をサポーターと言います。
サポーターは、あらゆるスポーツ関連の商品を取り扱ったお店で販売されているほどに一般的な装具です。
軽くてつけ外しが簡単な上に、安価であり、それほど強く固定する力がないので、日頃から気軽に使用できます。

足底板は足の外側を高くして膝の内側の負担を軽減するための装具です。

足に直接つけたり、靴の中に入れたりすることで足の内側にかかる負担を軽減する装具に足底板が存在します。
足底板は外側が高くなっているため、足につけて歩くことで膝の内側にかかる負担を軽減できます。
装具療法はと、身体の負担や歪みを修正することで、患部の負担を軽減する治療方法です。
軽度の場合は負担が軽い装具を使い、重度の場合はしっかりと整形外科の診断を受けてから使用することをおすすめします。

関連する記事